整形外科|福田整形外科

  • 0798-41-7177
  • 〒663-8184 兵庫県西宮市鳴尾町4丁目1-32
    鳴尾・武庫川女子大前駅から徒歩6分
menu

整形外科

診療案内

診療室

整形外科疾患に対し、適切な診断と治療、丁寧でわかりやすい説明を心がけております。
骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷をはじめ、腰痛や肩こり、首の痛み、関節の痛みなど、日常的に起こる身体の痛みを診療します。また椎間板ヘルニア、五十肩、神経痛、骨粗鬆症、腱鞘炎、しびれ、外反母趾、扁平足などもご相談ください。
足の症状から糖尿病が診断されたかた、首の違和感から甲状腺の腫瘍が見つかったかたもいらっしゃいます。何か気になる症状があれば何でもご相談ください。専門分野での診察や治療が必要な場合は、お近くの専門病院を紹介いたします。

骨粗しょう症について

背中を支えている様子

骨粗しょう症とは骨の量が減り”もろく”なる病気です。誰でも年齢を重ねるごとに骨の量は減っていくので、骨折しやすくなります。特に女性は閉経後に急激に骨の量が減るために、男性よりも問題になることが多いです。背骨で問題となるのは脊椎圧迫骨折です。高齢者の動けないほどの腰背部痛の原因として、圧迫骨折が多く見られます。転倒などの明らかな外傷がなくても骨折していることがあり、変形が進むと背中が曲がってくることもあります。

骨粗しょう症の原因

手を取っている様子

いろいろな要因がありますが代表的なものとしては

■加齢による骨の老化現象
■閉経による女性ホルモンの減少
■カルシウム・ビタミンDなどの栄養不足
■生活習慣(運動不足、喫煙、日光に当たらないなど)

避けられない原因もありますが、気をつければ改善できることもあります。

どうやって予防する?

運動している二人

まずは生活習慣の見直しから始めてみましょう。

■運動不足の解消
運動をすることで骨に適度なストレスがかかり、骨が丈夫になります。ただし、転倒やケガに注意して、無理せず軽めの運動から始めましょう。

■食生活の見直し
魚や乳製品を取ることでカルシウムを中心に補う事ができます。また、ダイエットなどにより極端に少食であると全般的に栄養不足となるだけでなく、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

 

検査方法

全身用X線骨密度測定装置

骨密度を計測することができる全身用X線骨密度測定装置がございます。

治療方法

看護師と散歩している様子

骨粗しょう症は予防することが最も重要ですが、骨密度が低下している場合でも薬の服用により、骨密度の維持や骨折の予防が可能となる場合があります。骨粗しょう症のために圧迫骨折を生じた場合、安静やコルセットなど保存療法などを行います。食事療法、運動療法などもアドバイスしながら治療していきますので、骨粗しょう症への不安がある方はお気軽にご相談下さい。